診療案内

月経に関する相談

月経困難症とは、月経に随伴して起こる腹痛・腰痛・腹部膨満感・嘔気・頭痛・疲労・脱力感・食欲不振・いらいら・下痢及び憂鬱などの総称です。わが国では、若年女性の70~80%に月経困難症状があり、さらにその3分の1以上に薬物などの医学的介入が必要とされています。月経困難症はその場さえ乗り切ればよいものではなく、生涯にわたるヘルスケアを見据え、社会経済活動や妊娠へのサポートも考慮しながら、女性のニーズに合ったきめこまやかな指導をしていくことが重要です。当院では小学生から使える鎮痛剤や漢方、ピルなどの治療薬を適切に選択しながら、皆さんのサポートをしていきたいと思っています。月経周期の異常・月経量の異常・無月経・不正性器出血などが見られたら、当院にご相談ください。女性ホルモンのバランスの崩れや他の病気が隠れていることもあります。

月経前症候群(PMS・PMDD)とは、月経前3-10日の間に続く精神的症状(イライラ、怒りっぽくなる、憂うつ)、もしくは身体的症状(下腹部膨満感、下腹痛、腰痛、眠気、頭重感、頭痛、乳房痛、浮腫、体重増加)で、月経発来とともに減退ないし消失するものをいいます。当院では漢方やピルなどで治療します。

更年期障害に関する相談

更年期障害とは、閉経前後の5年間に現れる多種多様な症状の中で、日常生活に支障をきたす病態のことです。来院後まず更年期指数の測定を行い、詳細な問診を行います。必要に応じて婦人科的な診察や採血を行って総合的に診断します。ホルモン補充療法(HRT)漢方薬、エクオールなどのサプリメントなどを用いて患者さんに合った治療を行います。当院の院長は、日本女性医学学会から認定されたヘルスケアアドバイザーです。

ピルの処方およびアドバイス

ピルはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンを配合した飲み薬で、自費の経口避妊薬と保険薬の2種類があります。国内で使われるピルは、成分含有量が少ない低用量タイプが一般的で、排卵を抑えるなどの作用により高い避妊効果が期待できます。また、月経困難症や過多月経、月経前症候群にも改善効果があり、日常生活に支障をきたすほどの症状がある方への治療として保険適応にもなっています。ピルの適切な治療について分かりやすくご説明します。

受診サポート「ルナルナ メディコ」について|サービス紹介|ルナルナ (lnln.jp) ルナルナ *ルナルナに記録した生理日や基礎体温、ピル(OC/LEP)の服薬時の体調などの体調データを連携先の産婦人科・婦人科で診療時に閲覧できるシステムです。

思春期のホルモン異常に関する相談

女性の第2次性徴出現から初経を経て月経周期がほぼ順調になるまでの期間を思春期といいます。思春期から若年期は小児から成人への移行期であり、進学・就職などライフイベントも多い時期です。また、生殖内分泌的には2次性徴の発現や子宮成熟など妊孕性の獲得においても重要です。身体の不調だけでなく、ライフイベント等についても気軽にご相談ください。土曜日午後は学生さん限定の診療と当院の患者様へのピル処方(再診のみ)となっております。普段学校があり受診出来ない学生さんのために開設いたしました。完全予約制ですので、事前にご予約をお願いします。当院の院長は、日本女性医学学会から認定されたヘルスケアアドバイザーです。

子宮がん検診(子宮体がん・子宮頸がん)

子宮がんには、子宮体部にできる「子宮体がん」と、子宮頸部にできる「子宮頸がん」があります。子宮体がんは日本全国で1年間に約16,000人が診断され、子宮頸がんは約11,000人診断されます。がん検診の目的は、がんを早期発見し適切な治療を行うことで、がんによる死亡を減少させることです。川崎市では20歳以上の方には2年に1回検診費用の公費負担がありますので、積極的に検診を受けることをお勧めします。

子宮頸がん検診について (city.kawasaki.jp)

川崎市:令和2年度がん検診推進事業(無料クーポン券) (city.kawasaki.jp)

子宮がん検診で異常が出た場合の二次検診(コルポスコープ検査と組織検査)

子宮頸がんは、正常な状態からすぐがんになるのではなく、異形成といわれるがんになる前の状態を何年か経た後にがんになります。異形成の時期にはおりものや出血、痛み当の自覚症状はありません。異形成やがんになると一次検診での細胞診に異常が見られます。異常が見られた場合、精密検査を行い、治療が必要な病態なのかを判断します。当院ではコルポスコープを用いた二次検診を行うことが可能です。他院で異常を指摘された方も、検診結果を持参してご来院ください。

婦人科腫瘍の経過観察

婦人科診察で見つかる腫瘍には子宮筋腫卵巣腫瘍子宮頸管ポリープ子宮内膜ポリープなどがあります。まず診察させて頂き、必要な場合は子宮がん検診、採血やMRI検査なども行います。診察結果を総合的に判断し、治療が必要な状態であるのか経過観察するのかなど丁寧にご説明いたします。

子宮内膜症とは、子宮内膜組織に類似する組織が子宮内腔以外の部位で発生、発育する疾患で、生殖年齢女性の約10%が持っていると推定されています。また、月経痛のある女性の将来子宮内膜症を発生する確率は月経痛のない女性の2.6倍と言われ、子宮内膜症患者では約50%が不妊になるとされています。月経痛のある10代女性は子宮内膜症を既に発症している可能性があり、発症から診断までに平均12年ほどかかると言われていることから、早期の診断を推奨しています。

婦人科腫瘍の手術の相談

婦人科腫瘍の一部に対しては手術が必要となります。水曜日の午後は新百合ヶ丘総合病院の医師による診察ですので、本当に手術が必要なのか、行うのであればどのような手術が適切なのかを相談させていただきます。術後の経過観察は当クリニックで行うことができます。

性感染症の診断・治療

女性の性感染症にはクラミジア感染症・淋菌感染症、性器ヘルペス感染症、尖圭コンジローマ、HIV感染症、梅毒などがあります。自覚症状として、おりもののにおいや色・形状の変化、下腹部痛、陰部のかゆみや痛みなどがありますが、無症状のことも多くあります。自覚症状が見られた時には是非ご来院下さい。検査は痛みも少なく簡単に受けられます。

ブライダルチェック

結婚を考えたとき、妊娠を考えたとき、その他さまざまなタイミングで、自分のからだに異常がないのか心配になるものです。当院では性感染症であるクラミジア感染症・淋菌感染症、性器ヘルペス感染症、尖圭コンジローマ、HIV感染症、梅毒のチェックと、子宮頸がん検診や血液検査などを組み合わせたブライダルドックも行っております。お気軽にお問い合わせください。

月経の移動・緊急避妊薬

大事な予定と生理が重なってしまう時、薬を飲んで生理をずらすことができます。プラノバールという中用量ピルを内服し、月経を早めるか遅らせることで月経の時期を移動させます。緊急避妊とは、避妊に失敗してから72時間以内にアフターピルを内服する方法です。内服は早ければ早いほど高い効果が得られます。1回の服用での妊娠阻止率は約85%と言われていますので、内服3週間後に妊娠検査を行うことをお勧めしています。

HPVワクチンに関して

当院では4価ワクチンであるガーダシルと、9価ワクチンであるシルガード9のいずれかの接種が可能です。未成年の方が接種する場合は保護者の同意を必要としますので、必ず保護者同伴でお越しください。

ガーダシルはHPV16型・18型・6型・11型を予防します。小学6年生から高校1年生までの女子は公費で接種することができますので、対象者は下記のHPをご覧になり、助成の手続きを行ってください。

川崎市:ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)の予防接種について (city.kawasaki.jp)

シルガード9はHPV16型・18型・31型・33型・45型・52型・58型・6型・11型を予防します。公費の補助はなく、全額自己負担となります。また、ワクチンQダイアリーへの登録が必要となりますので、お持ちのスマートフォンもしくはタブレットで下記のHPにアクセスし、ログインを完了させてください。接種当日には、登録したスマートフォンもしくはタブレットを必ず持参してください。

ワクチンQダイアリー

不妊症の相談と治療

1年以上避妊せず性交を行っているにもかかわらず、妊娠の成立を見ない場合を不妊症といいます。当院では、女性の検査(経腟超音波・おりものの検査・ホルモン値採血・基礎体温確認など)や男性の検査(精子検査)などを行い、タイミング指導をしていきます。その際、基礎体温をルナルナで記録すると院内のパソコンに表示され、診察がスムーズになります。
受診サポート「ルナルナ メディコ」について|サービス紹介|ルナルナ (lnln.jp)
尚、人工授精・体外受精が必要な方は、専門の施設へご紹介しております。

妊娠の診断

妊娠の可能性がある方は来院後に妊娠反応検査を行います。その後経腟超音波検査にて妊娠の判断をいたします。当院では妊婦検診を行っておりませんので、超音波検査で胎児心拍を確認次第、他院へご紹介いたします。流産手術も出来ませんのでご了承下さい。

その他の婦人科疾患

その他に様々な疾患を取り扱います。陰部の掻痒感、膀胱炎による排尿痛や頻尿、子宮脱による症状なども当院外来で対応しています。手術を考えられている場合も相談にお乗りします。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、今かかっている医師以外の医師に求める第2の意見のことです。提案された治療法に納得できない場合や、納得しているが他の医師に後押ししてほしい場合に有用です。当院でも水曜の午後にセカンドオピニオン外来を行っていますので、産婦人科の手術方法の選択や、癌の治療法に関して意見を聞きたいときにご活用ください。かかりつけ医からの診療情報提供書が必要となります。事前に電話でご予約ください。

院長 竹本由美

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2566-1 Gran Soleil登戸 3階

044-933-0033

JR南武線、小田急線 「登戸駅」から徒歩3分

Instagram

診療時間

  • 休診日/木・日・祝
  • 三角印:土曜日の午後は完全予約制(学生さん・当院でピルを処方されている方限定)

  • 担当医師は、丸印三角印:竹本由美(院長)、二重丸印:竹本周二となります。

  • 受付時間は、午前外来は12:20まで、午後外来は16:50までです。

  • 当院は予約優先制です。ご予約がない方も、当日お電話を頂きますと待ち時間の少ない時間をご案内いたします。
    ご予約がない場合、お待ちいただくことがありますのでご了承下さい。